背が低い女性、そして少しぽっちゃりした女性が自分にぴったりな衣装を見つけるための通販サイト Ms.Sorty

ここではShorty(おちびさん)が抱える悩みと解決策を提示していきます。





**オーバーシルエットのアウターを着こなせない**

→規制のオーバーサイズのコートやビッグシルエットのニットなど、秋冬ならでは、今シーズンならではのものを身長が低い私達も着こなしたいですよね?
しかし私たちが何も考えずに、着てしまうともはや悲劇となってしまうこともしばしば。

解決策として最もいいのはやはり自分の身長・体型に合わせて衣装をお直ししてしまうことですが、アウターやニットとなると時間もお金もかかります
ものによってはできないものも…

ですのでMs.Shorty が提案する解決策としては、
アウター以外の身に着けるもの全てをタイト・コンパクトに抑えること。
それもできるだけ濃い色で。


ビッグシルエットでも中に着る衣装が体にフィットしてタイトであれば着ぶくれによるアンバランスを回避することが出来ます。どうしてもワイドパンツやゆったりしたトップスを合わせたい際には、上下どちらかだけでもコンパクトに抑えることを強くお勧めします。



 
**背が低いので洋服を着た時のバランスが悪く見える**
 
→身長の低い私たちが、
お店のマネキンと同じようなコーディネートをしてしまえば、
残念ながら当然バランスが悪くなりますね。
マネキンさんは身長も高く、とても良いスタイル!
低身長と言われる女性とは骨格の比率もやはり変わってきます

バランスよく見せるには、人の目線を上へ持ってくること
具体例…帽子をかぶる お団子ヘアにしてしまう ハイヒールを履く
実際のウエストより高い位置でウエストマークを付ける 
トップスは着丈が短いものを着用するかボトムにインしてしまう ・・・


とにかく上へ上へ。
それを意識するだけで印象が違って見えるものです。

いつの日かShortyちゃんのようなマネキンが並んでくれるといいのですが…





 
**既製品が合わない**
 
→背が高い女性、背が低い女性にありがちですね。
お気に入りの一着を購入し、肩幅ウエスト
ポイントを押さえてお直しに出すのが一番です。





 
**セクシーな服、着たいけど着れない**
 
→ぜひ着ていただきたい。
背が低くてぽっちゃりしていても、ほっそりしていても女性であれば必ず
女性ならではの魅力と言うものは存在します。

実はセクシーの定義は人それぞれです。
鎖骨に自信がおありの方はデコルテを強調するものを。
ふくよかな方ならばバストをより強調するため
にコルセットをつけウエストを絞りタイトな衣装を着
てみるなど、
方法は様々です。

ご自身のアピールポイントを十分に生かし、
より強調しセクシーと言われるファッションを楽しんでみてください。





 
**ガーリーな可愛い洋服を着たいが「キャラ」じゃない**
 
→お着物を着た際に、身も心も大和撫子のようにになった経験はないでしょうか?人は着るものによって中身が変わるものです

そして背が低い女性やぽっちゃり気味の女性が「ガーリーな可愛い服」を着ると、長身の女性に比べてやはり可愛いのです。

柄物なら細かなものを、フリルなら部分的に付いたものか、
小ぶりなものを選んでいただけば、ぽっちゃりさんでも横に広がって見えません。

「キャラじゃない」と思われる方は、手始めに落ち着いたカラーをチョイスしてみてはいかがでしょうか?





 
**ショートブーツを履くと脚が短く見える**
 
→背が低いと、膝下の長さもどうしても短くなります。
これはどうしようもないことです。

膝上のショートパンツやスカートと合わせるか、
ショートブーツと同じ色のパンツやタイツを履くのが一番です。





 
**パンツの丈詰めをしたら型が変わって戻ってきた**
 
→丈詰めを行う際、パンツでもスカートでも多少形が変わってしまうことがあります。仕立て屋さんに実際測ってもらうことがベストですが、
それができない際はできるだけその旨を伝えましょう。

Ms.Shortyのお直し/丈詰めでは
型が大きく変わることがないよう細心の注意を払っております。

商品により、お直しカ所は違いますが、大幅にお直しをする際はこちらからお客様へご確認のメールを送らせていただきます。
さらに商品お直し後、ご納得いただけない場合は相談しながらご満足のゆくまでお直しをさせていただきます。(料金要相談)




 
 **オールインワンを着こなせない** 
 
→既製品のオールインワンはウエストの位置が違いますので、
ベルトなどでウエストマークを付けていただくのが一番です。

そしてご自身の身長に合わせた丈詰めを行っていただくことをお勧め致します。


その際に、何センチのパンプスでコーディネートするつもりなのか、普段履く靴などをよく考えて長さを調節していただければと思います。